東京大学大学院新領域創成科学研究科国際交流室

東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻
TOP >  入学希望の方へ >  柏での生活情報 >  入学に係る費用




東京大学
東京大学 新領域創成科学研究科

入学に係る費用

渡日後、以下のような費用が必要になりますので、必ず渡日前に準備しておくようにしてください。

入学料

(2017年度の金額です。今後改定されることもあります)
○正規課程の学生(修士課程・博士課程とも):282,000円
○大学院・外国人研究生: 84,600円
(半期分授業料の173,400円を併せた合計金額の支払いが必要です)
入学料は入学前に大学へ振り込む必要がありますので、支払いの準備をして来日してください。

* 入学料の免除申請
正規課程の学生については入学手続き期間中に入学料の免除申請ができます。経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者が申請できます。選考結果が出て免除されない場合、2週間以内に銀行振込みにて支払いをすませて下さい。例年のスケジュールは以下のとおりです。

4月入学:3月中旬の入学手続き時に免除申請→5月末に結果通知→6月上旬納入
10月入学:9月中旬の入学手続き時に免除申請→11月末~12月上旬に結果通知→12月上旬~中旬納入

入学料が期日までに支払われないと学生の身分を失いますので注意してください。
入学料免除及び入学料徴収猶予の申請は必ず入学手続き期間内で入学手続の前に行い、受理票を受け取った後、入学手続きを行ってください。申請者は選考結果が出るまで入学料の支払いが猶予されます。選考結果が出る前に入学料を納付すると申請資格がなくなるので注意してください。入学料免除と入学料徴収猶予は申請書が異なりますので注意してください。
なお、研究生には入学料免除の申請制度はありません

授業料

(2015年度の金額です。今後改定されることもあります)

○博士課程:520,800円(年額); 260,400円(半期)
○修士課程:535,800円(年額); 267,900円(半期)

原則として前期・後期毎の年2回、銀行口座から自動引き落としになります。入学手続き前までに、ゆうちょ銀行を含むいずれかの日本の銀行で口座を開設してください。口座開設をする際、自動引き落としに必要な所定の様式に銀行の受付印を押してもらい(ゆうちょ銀行の場合は不要)、入学手続き時にその様式も一緒に提出します。前期分の引き落としは例年5月下旬、後期分の引き落としは11月下旬頃です。

* 授業料の免除申請
授業料の支払いが困難な場合、免除の申請ができます。免除申請は年2回申請期間があります。前期分の申請時に後期分の申請が可能です。授業料免除申請は例年、以下のスケジュールです。

春学期:2月上旬~4月上旬申請→7月上旬に結果通知→7月下旬支払い
冬学期:9月中旬~10月上旬申請→12月上旬に結果通知→12月下旬支払い
(春学期の申請期間には冬学期分も併せて申請できますが、冬学期に翌年度春学期分の申請はできません)

なお、研究生には授業料免除の申請制度はありません。

柏キャンパス申請受付期間:3月中旬  場所:教務係(基盤棟1階)
本郷キャンパス申請期間:2月上旬~3月中旬  場所:奨学チーム(御殿下記念館横 学生支援センター1階)
柏キャンパスでの受付期間は数日のみとなり、それ以外は本郷キャンパスでの申請となります。

住居費用

留学生宿舎に入居せず、自分でアパートを借りる場合、敷金、礼金等で20~30万円程度が必要になります。

*注意-1
このスケジュール・金額は目安です。今後改定されることもありますが、日本での留学生活を始めるにあたり、最低これだけはかかりますので、しっかりとした留学計画を立ててから日本へ来てください。

*注意-2
渡日後に申請できる留学生向けの奨学金制度は、いくつかありますが、数が少なく、多くは生活費の一部に充てる程度の金額です。4月に奨学金申請をして、給付となった場合も実際に送金があるのは、6月や7月です。入学料や授業料の支払いは入学後すぐ行わないといけませんので、自国から持参をしてください。

また、研究生が応募できる奨学金は、ほとんどありませんのでご留意ください。奨学金の情報はこちらをご覧ください。

Page top
ホーム新着情報国際交流室について入学希望の方へ在校生のみなさんへ交換留学奨学金情報夏季プログラム
リンクアクセスプライバシーポリシーサイトマップ
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際交流室

〒277-8563 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学柏キャンパス 環境棟120号室
TEL / 04-7136-4561 FAX / 04-7136-4560
Inquiries /

Copyright (c) 2017. The University of Tokyo All Rights Reserved.